カウンター

ランキング

お気に入り

ぺそぎん

にほんブログ村

0574Web Site Ranking

現在の閲覧数

現在の閲覧者数:

プロフィール

わんこ

Author:わんこ
初めまして!

私は花男と嵐が大好きな高1女子です
特に、嵐のじいまごコンビ(智潤)と花男のつかつくが好きです

他には、のだめカンタービレ、メジャー(漫画)、リッチマンプアウーマン、ホークスなどなど……

九大理学部生物科を目指し、日々勉強中です


学生のため、他の書き手さんとは違い、毎日更新ができませんが、読んでいただければ幸いです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
676位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
303位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋烏の愛 14 ~最終回~



今回は最終回です♪

ここまでお付き合いありがとうございました!



はじめての方ははじめにをご覧ください







あの女のいる離れに到着する。


意を決して女のいるであろう部屋の扉を開ける


「お前らおっせーよ。」


「へ?あっ、もう終わってたの。まだ10分も経ってないよ」

「お前ら、サンキュ。」



「俺らF4をなめんなよ。これくらいちょろいぜ。」






「なぁ、そこの女、なんで牧野を襲わせた。」
道明寺はあの頃を思い出させるような目で女を睨んでいた。



「邪魔だったからに決まっていますわ。道明寺様に相応しいのは容姿も知能も一流なこのわたくしですもの。」


「あ?俺に相応しいだと?犯罪者がか。」


「犯罪者なんてひどいですわ、道明寺様。」


「酷いのは牧野が受けた仕打ちじゃねぇか。」

道明寺の袖口を引っ張り、囁く。
『もういいから、ねっ、道明寺。』



「牧野がいいっていうからとりあえず、やめてやる。でも、覚えてろ。お前の父親の会社ぶっ潰してやる。」
あたしのことで怒ってくれるのは嬉しいけど、ここまでしなくても……

「牧野、行くぞ。」


「あっ、うん。」

外に出て、横付けしてある車に乗り、道明寺邸へ向かった。


東部屋に入るや否や、道明寺は「消毒しないとな。」と呟き、あたしをギュッと抱きすくめた。
その反動であたしはベッドに倒れこむ。

そこから夜更けまで快楽の世界へ溺れこんだ。



Fin.



1月2日から連載をはじめて、はや3ヶ月
どうなることかと思いましたが、無事終えることができました

それも、訪問してくださったり、コメントしていただいたり、バナーをポチッとしていただいた皆様のお陰だと思っております

今後ともよろしくお願いします♪



ではでは、次回の連載PR Time!!

次回からは、アンケート2位だったつくしの妊娠と、この話の続きの2つを連載していきます

※今のお知らせと内容が変わるかもしれません
ご了承ください^_^;



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ


☆ページトップへ戻る☆
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arashi5hanadan.blog.fc2.com/tb.php/48-262eace7

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。