カウンター

ランキング

お気に入り

ぺそぎん

にほんブログ村

0574Web Site Ranking

現在の閲覧数

現在の閲覧者数:

プロフィール

わんこ

Author:わんこ
初めまして!

私は花男と嵐が大好きな高1女子です
特に、嵐のじいまごコンビ(智潤)と花男のつかつくが好きです

他には、のだめカンタービレ、メジャー(漫画)、リッチマンプアウーマン、ホークスなどなど……

九大理学部生物科を目指し、日々勉強中です


学生のため、他の書き手さんとは違い、毎日更新ができませんが、読んでいただければ幸いです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
676位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
303位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

司 Birthday♪ その後のお話



後から読み返してみると、内容が薄すぎることが判明
起承転結の起で無理やり終わらせた感じが…
やはり夜に勢いで書いたらいけませんね
夜に手紙は書くなと言われていますものね←懲りずにまた深夜3時に前半を書いてるけどね

懺悔も兼ねて、続きを献上します
でもつくし視点だけどね( ›◡ु‹ )
てへぺろで誤魔化してみる

司視点と予告していましたが、内容がかぶって書いていて面白くないのでやめました(笑

いや、今回は先に司視点だと色々とまずいのさ





このお話は続き物です
先にこちらの二つを読んでおくことをお勧めします


司 Birthday♪
司 Birthday♪その2


はじめての方ははじめにをご覧ください



パーティーが始まる。

でも、大丈夫。
司も、みんなもいるから。




会場に入る。
司はすぐに壇上での挨拶をするらしいので、あたしは、司に一言激励の言葉をかけ、F3がいるところへ向かう。
「頑張ってね。」

「おう。あったりめーだ。」







「牧野、久しぶり。」


「「よっ、猛獣使い。」」


「出た、お祭りコンビ。」


「出たはねぇだろ、ひでぇやつ。」
西門さんが泣いた真似をする。


「騙されないんだから。」


「牧野、膨れてねえでほら、司が喋るみたいだぞ。」



美作さんの指す先をみると、司がちょうど壇上に上がるところだった。





「本日はわたくし道明寺 司22歳の誕生パーティにご出席誠にありがとうございます。わたくしごとではございますが、ここに牧野つくしさんと婚約したことを発表いたします。」
その瞬間、温かい拍手がおくられ、おめでとうムードが高まる。

あの花沢類までもが、F3とハイタッチをしている


そんな中、あたしは未だに何が起こったのか分からず、頭がフリーズしていた。嬉しくて涙が止めどなく溢れてくる。


「よかったな。」

「ありがとう、西門さん。」

「ああ。」


正面へ振り返ったところで、社長が壇上に上がっていた。


社長の言葉を待つ。
まさか、この婚約は取り消しなんて言わないよね。
そんな不安を抱えながら。



社長が話し出した。
お決まりの言葉から始まり、そしてあたし達の婚約の話題へ。


「まだまだ半人前の二人ですが、どうぞ暖かく見守ってください。」
社長と司がそう言って頭を下げた。
あの社長が。あたし達の為に。


社長の表には出さないけれど司への愛に、また、涙が出てきた。


壇上から下りてきた、こちらへ来た。
「おい、総二郎、つくしから離れろ。」
そこまでくっついていないけどな。

西田さんから肩をたたかれる。
ん?

「社長がお呼びです。」

「あっ、はい、分かりました。すぐ行きます。」


司は西門さんにキレてるみたいだから、ボーッと立っている花沢類に言っておこうかな。
「花沢類、社長に呼ばれて、話しをしてくるから。」

「うん、分かった。司に伝えておけばいいんだね。」

「ありがとう。」
社長をお待たせしては申し訳ないと思い、急いで会場の端へ向かう。




「お待たせして申し訳ありません、社長。」


「いえ、お気になさらなくてよ。それと、仕事の時以外はお義母様と呼んで下さらない?婚約したのだもの。」
社長…いえ、お義母様は、母親の顔をして微笑んでいた。


「はい!承知しました。それで、お話と言うのが……。」


「ええ、そうだったわね。」
大丈夫よね。婚約解消なんてないわよね。さっき、お義母様が婚約したのだからって言ったしね。


「司をよろしくお願いします。」
お義母様はゆっくりと頭を下げる。


「はい。こちらこそ、まだまだ未熟者ですが、よろしくお願いします。」



そこへ、さっきまで向こうで喧嘩をしていた司が走ってきた。
「ババア、つくしに何してんだよ。何かしたらタダじゃおかねえからな。」


息を巻く司の誤解を何とか解く。
「違うってば、司。そんなのじゃないよ。」


「騒がしいですね、司さん。いつでも冷静な対応を取れないようでは経営者失格です。
それと、今日はもうホテルに戻ってよろしいわよ。あとの残りはわたくしが対応しますので。では、わたくしはこれで。」


お義母様に向かって、感謝の意も込めて深く礼をする。


「ババア、変わったな。あんな風に笑うのを初めて見たぜ。つくしが変えてくれたんだよな。サンキュー。」


「あたし、何にもしてないよ。」


「俺やババアだけでなく、あいつらも少なからず変わったはずだぜ。何もしなくたって、つくしがそこに存在するだけで変わるんだよ。」


「そうなのかな?まあいいや。ふふっ、どういたしまして。」


「おい、いつまでここにいるつもりだよ。動かないなら、抱き上げるぞ。」


「それはやめて、歩くから。目立つじゃないの。」


少し前に差し出された逞しい腕に、自分の腕を巻きつけて、歩き出す。



つくしからしかもらえない、とっておきの誕生プレゼントを司が貰えたかは神のみぞ知る!?



fin.







終わった、終わったー。
最後のつくしからのプレゼント何か分かりましたか?
あたしの口からはちょっと……(〃ノωノ)



それは置いといて、次回はバレンタインデー用に短篇を書きますね
でも、前日はチョコをせっせと作るのでアップは厳しいかもしれません(あたしは夜行性なので前日に小説を準備しなくてはなりません。)


もう一つお知らせがあります
1万HIT記念小説の連載を開始します
もちろん、ハッピーエンドですのでご安心ください
あたし自身、バットエンドは読むのも書くのも嫌いなので、バットエンドは絶対にありません


連載二つともつくしを苦しめる内容で、その反動で時々短篇でふざけたしょうもない小説を書く時があります
ご注意ください




褒めたら、調子に乗ってガンガン木に登って降りれなくなるタイプです
ポチッとよろしくお願いします

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ


☆ページトップへ戻る☆
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arashi5hanadan.blog.fc2.com/tb.php/34-d3d23d30

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。