カウンター

ランキング

お気に入り

ぺそぎん

にほんブログ村

0574Web Site Ranking

現在の閲覧数

現在の閲覧者数:

プロフィール

わんこ

Author:わんこ
初めまして!

私は花男と嵐が大好きな高1女子です
特に、嵐のじいまごコンビ(智潤)と花男のつかつくが好きです

他には、のだめカンタービレ、メジャー(漫画)、リッチマンプアウーマン、ホークスなどなど……

九大理学部生物科を目指し、日々勉強中です


学生のため、他の書き手さんとは違い、毎日更新ができませんが、読んでいただければ幸いです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
676位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
303位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋烏の愛





2013年、初連載です。
ちょっと緊張…



新連載のタイトルは「屋烏の愛」です




「屋烏の愛」(おくうのあい)とは、人を激しくまた真剣に愛すると、その愛する人が住んでいる家の屋根に留まっている烏をも愛するようになる。つまり、愛する相手自身だけでなくその人に関係するすべてのものに愛情を注ぐようになること。
by goo辞書

この言葉は「説宛」という漢文から生まれたことわざのようです。




つくしは司を愛していくうちに、きっと【烏…楓、財閥など】愛せるハズ!っということでこの題名にしました。



ただ、この発見にテンションが上がってつけてしまっただけなのですがね(笑


タイトルは内容に関係ないといえばないです(笑




はじめての方ははじめにをご覧ください







設定


・つくし英徳大学4年生 5月
・司は4年で帰ってきた







あたしは、今、道明寺財閥で働いている。しかも、鉄の女と呼ばれる社長の秘書をしている。


働きはじめて3ヶ月が経った。この3ヶ月で、社長の凄さをまざまざと見せつけられた。流石、鉄の女と呼ばれるだけのことはあると感じる。これまでに、かなりの努力をしてきたのであろう。彼女の側に就いて、更にたくさんのことを学びたいと思った。






財閥に就職したキッカケは3ヶ月前。
道明寺が日本へ帰って来る2ヶ月前のことだった。





急に、当時あたしの住んでいたボロアパートに、社長の秘書である西田さんがやってきて、社長が呼んでいるので、メープルホテルに私と今すぐ来てほしいと言った。


最初は、行くのに渋った。なんせ4年前、あたしに酷い嫌がらせをして、ドブネズミと罵られたから、今回も何をされるか怖かった。


きっと、表情に出てしまっていたのだろう。
あの西田さんが少し微笑みながら、社長は昔のようなことをするおつもりではないでしょうと言った。



西田さんのその言葉を信じて、メープルへ行くことを決めた。だが、念のために、道明寺の携帯の留守電に、社長に呼ばれて、メープルへ行くということを残しておき、メープル向かった。





西田さんとメープルの最上階に着くと、もうすでに社長がいらっしゃり、あたしが席につくと、社長がお久しぶりね、牧野さんと仰り、早速本題に入った。

「あと2ヶ月すれば、司を日本支社長に就任させる予定です。そうすれば、あなたには、ビジネス面でも司のサポートが求められます。だから、今習っている習い事プラス休日は私の秘書をしなさい。」
社長が微笑んだ気がした。

そんな、あたしに秘書なんて。



「しかし…私には秘書は無理です。」


「大丈夫です。西田の補佐として働いてもらいますので。この仕事を受けられないというのであれば、司との結婚は反対です。」



「分かりました。これから、お世話になります。」


「話は以上です。私はまだ仕事があるので、失礼させてもらうわ。西田、牧野さんを送って差し上げて。」


「承知しました。」


「ありがとうございます。」










今となっては、勇気を出して西田さんとメープルへ行くことを選んでよかったと思っている。もし、逃げていたら、道明寺との結婚を反対されていたかもしれない。





道明寺はというと、約束通りいい男になって帰ってきて、素敵なレストランへディナーに連れて行ってくれた。


すべての食事を終えた後、プロポーズされた。
とても嬉しくて、幸せな気分だった。
けれども、まだ大学が残っており、社長の秘書も2ヶ月しか経っていないということを、嬉し涙でぐちゃぐちゃになりながら、やっとのことで自分の想いを伝えた。
理解してくれて、卒業まで待つということを約束してくれた道明寺のことがより一層好きになるのを感じた。




婚約指輪として見るからに高級そうな指輪をプレゼントされて、薬指にはめてくれた。
豪華なものを嫌うあたしのことを考慮して、道明寺にしては少し小さめの石を選んだのだろう。



今では肌身離さず身につけている土星のネックレスのように、この指輪もはめていないと落ち着かなくなるくらいになるのだろう。

こうやって遠距離だった分も、二人で歩んでいけらいいなと思う。



しかし、幸せな日々はそう長くはなかった。





続く…


最後、サスペンスぽくしてみました。
まだ、計画はありませんけどね(笑
書いていて、これだと短篇小説でもいけてしまうことが発覚。慌てて連載物にする為に書き足しました。


長篇になる模様。
章で区切って、途中で新しく読む人も読み始めやすくする予定ですが、自分で設定が分からなくならないかが一番心配です(笑

長くても、内容がしょぼくても読んであげるという方はポチッとよろしくお願いします。( ´ ▽ ` )ノ


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村




☆ページトップへ戻る☆ 働いている月数を間違えました。
1月3日訂正済
関連記事

コメント

No title

こんばんわ。
はじめまして。
お話し楽しく読ませてもらってます。
「屋烏の愛」続きを楽しみにしています。

Re: No title

はじめまして!

コメントありがとうございますm(_ _)m

> お話し楽しく読ませてもらってます。
そう言ってもらえてとても嬉しいです。
駄文ですが、さらに精進して文を書く力を高めて行きたいと思っております。


> 「屋烏の愛」続きを楽しみにしています。
冬休みの宿題の影響で、停滞気味です。ごめんなさい(>_<)

センター試験

わんこ様こんにちは、初コメントです。

私の娘は高3で今日はセンター試験です。

明るい声で”迎えに来て”という電話をソワソワしながら待ちつつ此方のブログを覗きに来ました。

娘の高校生活も終わりが近づきましたが、わんこ様のこれからの3年間が有意義なものなるようお祈りいたします。

「屋烏の愛」のお話どんな展開になるか更新楽しみにしてます。

訂正と追記

よく考えてみるとわんこさんは今高1みたいだから高校生活は後2年ですね、訂正いたします(汗

それから、ブログのテンプレですがトップページは普通に表示されているように感じます不都合は無いみたいで。

だけどカテゴリの最新記事の「屋烏の愛3」をクリックするとアップされているはずのページは開かないでど真ん中に左のカテゴリ欄が移動して表示されてお話のページにたどり付く事ができませんでした。


以上報告でした

Re: センター試験

さくら様、コメントありがとうございます(o^^o)


>私の娘は高3で今日はセンター試験です。
今日が21日なので…センターはとりあえず終了していますね。
本当にお疲れ様です。受験する本人だけでなく、周りの人までもが緊張しますものね。


> 明るい声で”迎えに来て”という電話をソワソワしながら待ちつつ此方のブログを覗きに来ました。
そんな貴重な時間に訪問していただいてありがたいです。
二日とも明るい声でかかってきましたか?
そうなったことを願っています

> 娘の高校生活も終わりが近づきましたが、わんこ様のこれからの3年間が有意義なものなるようお祈りいたします。
有意義に過ごしたいものです。高校生活は一度しかないですものね



> 「屋烏の愛」のお話どんな展開になるか更新楽しみにしてます。
楽しみだと言っていただけて幸いです。
事件的な話に初めて挑戦中です。(笑


バグの報告ありがとうございます(≧∇≦)
htmlの一部が消えてしまっていたようです。
また、異常があったら報告よろしくお願いしますm(_ _)m

娘さんが無事希望の大学に入学できますようにo(^▽^)o

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arashi5hanadan.blog.fc2.com/tb.php/21-3076c6f3

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。