カウンター

ランキング

お気に入り

ぺそぎん

にほんブログ村

0574Web Site Ranking

現在の閲覧数

現在の閲覧者数:

プロフィール

わんこ

Author:わんこ
初めまして!

私は花男と嵐が大好きな高1女子です
特に、嵐のじいまごコンビ(智潤)と花男のつかつくが好きです

他には、のだめカンタービレ、メジャー(漫画)、リッチマンプアウーマン、ホークスなどなど……

九大理学部生物科を目指し、日々勉強中です


学生のため、他の書き手さんとは違い、毎日更新ができませんが、読んでいただければ幸いです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
676位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
303位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同窓会3





いよいよ司登場です♡

同窓会があったこと無いので、ちゃんと辻褄の合う話しが書けるか不安です…。高1でもう同窓会って早すぎですものね(笑。


はじめての方ははじめにをご覧ください



~つくしside~
花沢類からメールがあった。

12時に迎えに行く



ちゃんと来てくれるかな。また、眠いとか言って来ないんじゃないか。花沢類には言い忘れてたけど、友達からムカつくことを言われて、彼氏を連れて行くって言ってしまった。本当はあいつと一緒に行きたかったのだけど…。こんな乙女な自分にあたしが一番驚いているんだ。

ピンポーン♬



「はーい」

ガチャ



「えっ!?ウソ?ど 道明寺どうしここにいるの?NYじゃないの?仕事すっぽかしてきたのじゃないでしょうね。」

「んなことしてねーよ。今日1日オフだ。そんなことよりさっさと行くぞ。」

「どこに?今から花沢類と同窓会に行くんだけど。」

「だからっそれに行くって言ってんだろ。一昨日類から電話があったんだ。」

「じゃあ花沢類は最初からそのつもりで…」

「だろうな。車を外に待たせてるんだ。早くしろよ。」

「それなら早く言ってよ。運転手さんを待たせちゃ悪いじゃない。」

「俺は何回も言ったぜ。ほら手ぇ出せ。」

あいつと手をつなぐのって何年振りだろう。道明寺は他の女の人にもこんな風にエスコートしているのだろうか。

「お前なに辛気臭い顔してるんだよ。」
コツンと頭を小突かれた

「何するのよ痛いじゃないの。」

「んな顔してるとブスが余計にブスになるぞ。」
こんな小さな気遣いが有難いんだ。

「うるさい。」

そんな他愛もないことをしているうちに高級そうなショッピング街に着いた。

「同窓会に行くのじゃないの?」

「そんな服装で行かねーだろ。」

「同窓会ごときでドレスアップして来ないでしょ。」

「俺様の隣に立つのがボンビーな格好だったら俺様が恥ずかしいんだよ。」

「わかったよ。じゃああまり派手じゃないのにしてね。」

「おう///任せとけ。この店にするぞ。」
大丈夫かな。あたしにはもったいないような服を選ばないかな。


「いらっしゃいませ。道明寺様。可愛らしいお嬢さんですね。」

「こいつに合う服を選んでくれ。」

「承知しました。」

「こちらはいかがでしょう。」

「うわー可愛い。」

「これをくれ。」

「道明寺ありがとうね」

「珍しいな。お前が大人しくものを受け取るなんて。」

「いちいちうるさいな。もう。あれ?同窓会の場所ってここ?」

「みたいだぞ。意外と豪華だな。」

「すごーい。」

「俺の家とかで慣れてるだろ。それくらい。ほら、さっさと受付済ませるぞ。」

続く…

何だかダラダラ書きすぎな気がしますね…


ランキングに参加しております。ポチッと押していただけると励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


☆ページトップへ戻る☆
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arashi5hanadan.blog.fc2.com/tb.php/10-d33c2349

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。