カウンター

ランキング

お気に入り

ぺそぎん

にほんブログ村

0574Web Site Ranking

現在の閲覧数

現在の閲覧者数:

プロフィール

わんこ

Author:わんこ
初めまして!

私は花男と嵐が大好きな高1女子です
特に、嵐のじいまごコンビ(智潤)と花男のつかつくが好きです

他には、のだめカンタービレ、メジャー(漫画)、リッチマンプアウーマン、ホークスなどなど……

九大理学部生物科を目指し、日々勉強中です


学生のため、他の書き手さんとは違い、毎日更新ができませんが、読んでいただければ幸いです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
676位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
303位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陽だまりの中で 3


つくし、遂に司にカミングアウトしちゃいました(*≧艸≦)←数年はできないってことじゃないですよ(笑

ファイナルの1年後、砂浜での告白の続きにするかどうか、すごーく悩みました

あのシーンがすごく好きでイメージを壊したくないので、続きからにしようと思ったのですが、出だしが書けないorz(あたしの力不足なのでしょうが)

そのためあえなく断念しました


前置きが長過ぎましたね…
では、どうぞッ!!



はじめての方ははじめにをご覧ください








「数年はエッチできないから。」
マジかよ。長くねぇか。大丈夫なのか、俺。



「それくらいなら大丈夫だぜ。」
男が女に求めるのはカッコ悪いという気持ちから、自分の思いとは裏腹のことを言う。



「ふーん。そうなんだ。いいの?そんなこと言っちゃって。」
つくしが振り向いて、俺の頬を人差し指でつつきながら、俺のことをバカにして言う。

「俺を誰だと思ってんだよ。」
頬をつつく憎たらしい細い指ごと手を包み込んで、もう片方の腕でこちらに抱き寄せる。

「ねぇ、ちょっと!あたし、にん…」
ごぢゃごちゃとうるさい口を塞ぐ。


んなこと知ってるっての。俺を信用しろよな。




「はぁ……はぁ。早くご飯食べなさいよ。冷めちゃうでしょ。」
長いキスを終えた後、つくしが荒い息を整えながら、少し怒ったように言う



「はいはい。以外とお前も乗り気だったんじゃねぇの?」


本当に起こったようで、席につく俺の背中をバシッと叩く。



あまり怒らせるとあとが大変だし、何より、妊娠の発表で喧嘩は避けたいところだから、大人しくつくしの手料理をいただくとしよう。



短過ぎてすみません
次頑張ります

しかも、3日用で下書きしてあったつもりが、4日に…orz

眠気MAXなので、また明日(=゚ω゚)ノ

明日にはアンケート作っておこう……


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ


☆ページトップへ戻る☆
スポンサーサイト

陽だまりの中で 2




昨日はアップできずすみません
iPodを放置して部屋にこもり、7時間半勉強して、『リッチマン、プアウーマン』スペシャル見てえへへってなって寝たので、書けませんでした(笑←今日は中学の友達と遊ぶのでその分勉強しておかないといけなかったのです


それと、連載を1つに絞っていきます
やっぱり「屋烏の愛」の続きはまた今度にします(笑






はじめての方ははじめにをご覧ください






いつも通り、仕事を終えて、つくしの待つ家に帰る。


「ただいま。」

足音ともに弾んだ声が聞こえる。
「おかえり。」

チュッ
これでやっと家に帰ってきたという実感が湧く。


「もうっ。毎回毎回恥ずかしいんだけど。」
真っ赤な林檎のような顔で怒られても、迫力が無い。


「別にいいじゃねぇか。新婚なんだし。」


「///司、ご飯食べた後、ちょっと話があるんだけどいいかな。」


「ああ。」
生返事をしつつ、俺は不安でいっぱいだった。何した?俺。でも、つくしは怒っていなかったということはいい話なのか?

そればかりが気になって、気が気でない。さっと着替えを済ませて、テーブルにつく。誰かと一緒に食事を取るなど、以前の俺では考えられないことだ。


ふと、つくしの方を見ると、食事がおいていない。
「もう食べたのか?」


「いや。食欲が無いんだよね。」
珍しい。色気より食い気のあいつが。


「後で話そうと思ったんだけど、そのことでねちょっと話が…」

「あの………。」
つくしは顔を真っ赤にさせてたじろぐ。


「どうしたんだよ。早く言えよ。」


「あっ、うん。私…」


「私、妊娠しました。」

一瞬頭の中がフリーズする。


にんしん……にんしん……妊娠!?


「マジか!?」


「うん。まだ病院には行ってないんだけどね。検査薬でチェックしたら陽性だったの。」


椅子から立ち、つくしを背後から抱きしめながら耳元でささやく。
「明日、絶対病院に行けよ。」


「分かってるって。」


明日、俺もなんとか休めねぇかな。

「司は、休まなくていいからね。」

「………」

「ふふ図星だね。お見通しだよ。」

「調子に乗るな。」
つくしの手の甲を指でぺしっと弾く。


「痛いよ~。」




「あいつらにも伝えねぇとな。」


「うん。きっとみんな喜んでくれるよ。」

「だな。」

つくしのぬくもりを感じながらまどろむ。
そんな小さなしあわせがずっと続けばいいと思っていた。


「そうそう。その後子育てもあって忙しいし、数年はエッチできないから。」



からかうように笑う小悪魔によって天国から地獄へ落とされた。



続く…




このまま切って短篇でもいけるんじゃない?と思ったズボラ女を許してください


ちなみに、妊娠中でも体に異常がなければエッチしてもいいそうですよ
ネタになりそうなので、うちのつかつくはしないことにしましたが …

子どもの名前考えるの面倒になってきちゃった(笑
アンケート取りまーす
近々準備しておきますよ_φ(・_・



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ


☆ページトップへ戻る☆

陽だまりの中で 1



新連載スタート!!
頑張るぞ~o(^▽^)o

松本潤くんが主演の「陽だまりの彼女」に題名をかけているのですが、きづきました??

10月ロードショーなのに、気が早過ぎる気もしますがね
陽だまりというと春っぽい雰囲気なのでね(笑




ファイナル続き(海辺での告白はなかったことに)
結婚半年






大切な仲間たちの祝福の中で行われた結婚式からはや半年。


吐き気や体調不良があり、不安になったため、勇気を出して妊娠検査薬でチェックしてみると、よよよ陽性~!!!

うそでしょう。あたしが?
このお腹に司の子がいるの?
信じられないや。


自分が妊娠していると知った途端、愛しさが溢れる。


よろしくね、赤ちゃん。あたしがあなたのママですよ。


司にはどうやって 伝えよう。司に一番に伝えたいから、その後に誰かと病院に行こうかな。


司、早く帰ってこないかな。どんな顔するかな。ふふふ、楽しみ。




続く…




短くてごめんなさい。


勉強が早く終わったら、もう一話今日中にアップします


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ


☆ページトップへ戻る☆

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。